機能の概要説明

① 超高速クラウドバックアップ

デバイス(パソコンやサーバー)内のファイル/フォルダを15分毎(時間設定は変更可能です)に監視し、更新のあったデータを桁違いのスピードでクラウドへの直接バックアップを実行します。

バックアップデータは重複排除の後圧縮され、ブロック分割され、暗号化されて一旦デバイスのキャッシュ(RAM)に保管され、SSL通信でクラウドに転送されますが、これらの処理を非同期に行うことによって高速化を実現してます。

またクイックキャッシュと呼ばれるサーバーをデバイスとクラウドの中間に配置(イントラネットでデバイスに接続)することで、バックアップを一旦クイックキャッシュにため込み、インターネットのトラフィックを制御しながらクラウドに転送するオプションも用意されており、特に大規模構成で威力を発揮します。このオプションを使う事でリストアがクラウドからではなくローカルのサーバーから行うことができ、復旧時間を大幅に短縮することができます。

② フルクラウド型アンチマルウェア

パターンファイル(定義ファイル)をデバイスに持たない事から既存のセキュリティソフトと共存可能となり、超軽量クライアントがクラウド上のグローバル脅威情報データベースとリアルタイムで連動し、世界最高水準の脅威の検出・排除を実現します。

またWeb脅威シールドと呼ばれるアクセスするサイトの安全性を事前に知らせてくれる機能があり、各ブラウザの拡張機能として有効化すると検索件結果のURL一覧リストにその安全性検証の結果アイコンを自動表示し、ユーザーに注意を喚起します。

更には新たな攻撃であるファイルレスマルウェアはメモリー上で不正コードを実行する新たな脅威で、従来型のマルウェアより成功率が高いと言われていますが、このファイルレスマルウェアを検知し排除することができます。

③ Microsoft 365バックアップ

Microsoft 365のデータもバックアップの対象です。このバックアップは収容効率の高い実利用容量に基づく従量課金(アカウント数無制限)で、多くの他社製品より価格を下げることができます。

対象となるMicrosoft 365のサービスはExchange Online、OneDrive for Business、SharePoint Online、Teams、Office 365 Group、Project Online、Public Folderです。

バックアップは1日4回実行され、クラウドtoクラウドで海外のクラウドデータセンターに保管されます。

④ 遠隔デバイス管理(位置情報、遠隔データロック・遠隔データ削除等)

パソコンの位置情報は企業管理者が常時監視可能であり、盗難や紛失があった場合は遠隔でバックアップデータをロック(改竄停止)したりデバイス内のデータ削除(リモートワイプ)が可能です。

バックアップデータのロックとはクラウド内に保存されているデータが保存期間が過ぎて自動削除されるのを停止し、またデバイス上で変更・削除されても盗難時点でのデータをクラウド上で指定が解除されるまで保管し続けることで法的証拠を残す機能のことです。

またバックアップデータのワイプ(削除)とは、バックアップ対象となっているデバイス上のデータをリモートで削除してアクセス出来なくする機能です。管理者機能でこの機能を有効にすると、パソコンがネットと繋がった瞬間にリブートが開始され、終了すると全てのバックアップ対象データが削除され、空になったフォルダだけが残り、バックアップは二度と起動しなくなります。

運よく盗難にあったパソコンが戻った場合はクライアントソフトを再インストール、または新しいパソコンにクライアントソフトを新規インストールしてデータをバックアップから取り戻すことができます。更には管理者コンソールを使って別のパソコンにバックアップからデータを取り戻すことも可能です。

製品ラインアップ

対応OS : Windows 8.1/10(SPを含む)、macOS Sierra (10.12)以降、Windows Server 2012(R2を含む)/2016/2019

販売価格

弊社は直販を行っておりません。販売価格についてはパートナーに直接お尋ねください。